日本で仕事をしたいのですが、どうしたらいいですか

質問

アメリカ国籍を持つ女性です。アメリカ在住で翻訳の仕事をしているのですが、日本での仕事が多いので活動拠点を日本に移したいと考えています。日本で会社を立ち上げることも視野にいれているのですが、外国人が日本で会社を設立する方法を教えてください。

答え

外国人が日本で事業をする場合、4つの方法を挙げることができます。

外国人が日本で会社を作る方法(ビザや日本支社)

第1に短期商用ビザで日本と本国とを往復する形です。
この場合、活動拠点は海外になり、商品の買い付けや商談などのために日本に来日するということになります。短期商用ビザなので滞在期限は15日、30日、90日の3種類があります。
第2に日本支店(営業所)を設置する形です。
海外に本社を置き、日本でも本格的に事業を行うことが可能です。
この方法には、外為法に従い所轄の大臣に事前か事後の届け出が必要になります。
また、日本支社での代表者を定めて3週間以内に登記します。登記終了までは営業活動はできないことになっています。
第3に駐在事務所を設置する形です。
日本に本格進出する前の情報収集を目的に設置する形式です。
駐在事務所の設置には官公庁への手続きは必要ありませんが、営業活動はできません。
第1から第3の方法については多少時間を要するものもありますが、さほど問題はないでしょう。

外国人による日本法人の設置

第4に日本法人を設置する形です。
これはいわゆる日本の普通の会社になります。当然日本に本店を置き、営業活動を行うことができます。外国人が日本法人を設置するためには就労制限のないビザを持っているか、投資経営ビザを取得しなければなりません。
しかし、第4の方法については投資経営ビザが取得するのにはさまざまな条件があり、ハードルの高い在留資格となっています。
自身のビジネスプランや資金の問題等もあるでしょうから、じっくりと検討してみてください。また、外国人の会社設立について詳しい行政書士に相談してみてもよいかもしれませんね。

フィード