会社を設立するのに必要な費用とは?

質問

個人でパン屋を営んでいます。最近大口の注文が入ってくるようになったので、会社を設立し店舗を増やそうかと考えています。そこで会社設立に必要となる費用が何にどれぐらい必要かを教えてほしいのですが。

答え

一般的に会社を設立するなどというのは敷居が高いというイメージが強いのが実状だと思います。
事務所を借りたり運営資金が必要だったりと、それなりのお金が必要と考える人は少なくないのではないでしょうか。

最低資本金制度の廃止で資本金が少額でも会社が作れるように

実際に、以前の会社法では最低資本金制度が設けられており、株式会社を設立するためには1000万円以上もの資本金が必要でした。普通に生活している人が簡単に用意できる金額ではありませんよね。このようなことから、会社を設立するというのはかなりハードルが高かったといえます。
しかし、2006年に新会社法が施行され最低資本金制度が廃止され、資本金1円からでも会社を設立できるようになりました。

会社設立には収入印紙代などが必要

さて、資本金という壁が取り払われたことにより会社設立が身近になったとはいえ、まったくお金が必要ないというわけではありません。
会社設立には手続きに係る費用が必要です。
定款の収入印紙代が4万円、定款の公証人役場での認証に必要な手数料が5万円、会社設立登記の際に必要な登録免許税が15万円、定款の謄本手数料が250円×枚数分で25万円程で会社設立が可能ということになります。
他に、会社で用意する印鑑の作成費と資本金の設定額によって違ってきますが、最低金額は学生のアルバイト程度でも用意できる金額です。以前は資本金を用意するのが難しく、会社を設立する夢をあきらめていた人も多かったことでしょう。
しかし、今は自分の会社を持つことは、少し手を伸ばせば実現できる時代であるということです。

フィード