会社設立後の届出は専門家に依頼できるの?

質問

テーブルコーディネーターの仕事をしています。テーブルウェアなどの商品企画から空間コーディネート、パーティプランニングなどを手掛ける会社を設立したいと考えているのですが、設立後の手続き等について専門家の方にお任せすることは可能なのでしょうか。

答え

会社が設立したらいよいよ会社としての業務が始まるわけですが、会社設立後も諸官庁への届出が必要です。
届出自体はそれほど難しいものばかりではないのですが、時間と労力を要することになるので、会社の運営の妨げになるという可能性もでてくるかもしれません。

会社設立後の届出を専門家に依頼する

そこで力になってくれるのが、その専門家です。
会社設立後の届出には税金関係、保険関係とがあります。
税金関係の専門家は税理士、保険関係の専門家は社会保険労務士になります。税務関係だけというように単体でお願いしたり、それぞれの事務所に依頼してもよいのですが、代行サービスを行っている事務所を調べてみると、税理士と社会保険労務士とが連携してトータルサポートを行ってくれるところも少なくないようです。
いろいろ調べてみるとよいでしょう。

会社設立代行の報酬を調べる

さて当然のことながら、代行を依頼した場合は報酬として支払わなければならない費用が発生します。
依頼者側としてはその報酬金額は非常に気になる部分なのではないでしょうか。
おそらくホームページを開設している事務所であれば、ホームページ内にはっきりとした報酬金額を示しているところがほとんどです。事前にチェックすることで予算に合わせて依頼することもできるので安心だと思います。
また、税理士の方であれば税務署への届出に関してだけでなく、税務関係の相談にものってもらえるので大変心強いと思われます。
専門家に依頼することで、何よりも安心して本務に専念できるのが最大のメリットといえるでしょう。

フィード